忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [193]  [194
0a349864.jpeg

 みなさーん、覚醒の刻、楽しんでますかー!?
プレイヤーに成長の余地をあたえるのが覚醒の刻。いままで、ムダに捨てられていた経験値が貯まっていくだけでも、かなり嬉しいものですね(笑)。
新ダンジョンにも、これでもかという強力ボスが追加され……さて、どうやって倒しましょう(´・ω・`)

50980a8a.jpeg

さて、今回のターゲットはこちら。黄泉より再臨した、真黒雷(仮称)。
さっそく、戦闘前の構成分析と参りましょう。

1dbb95cf.jpeg

当然のように全員、レベル60超。
さて、前回 凶変イザナミの宮には、『黒雷』『析雷』『伏雷』が待っていると申しました。

現在の、一家での敵戦力分析は、こんな感じです。

三種のボスには、以下の共通点があります。
1.構成は1が当然本人。67が共通
2.行動パターン(後述)はじつは同じ

つまり、どれか一種でもボスとの戦闘方法を身につければ、ある程度他のボスにも通用するのです。
で、その行動パターンというのが、こんな感じです。

①7が約4分ごとに全体(準備無し)を使う
②1が約5分ごとに4人に3000ダメージ(軽減不可)の技を使う

とりあえず、①は裏看破でしょうか。
時間によるタイミングがある程度読めるので、傾注しましょう。
全体完全回復も同じバーですので、フェイントに注意。通すとむしろ、プレイヤーの士気にかかわります。

問題は②。

a08b522a.jpeg

 三ボスとも、毒霧や剣風斬など形状は様々ですが、どの様な手段においても軽減不可という恐ろしすぎる技能です。
しかも、四人という徒党の過半数が危険にさらされるため、対処方法は『生命を3000以下にしない』事しかありません。

神楽坂しのぶ「3000じゃなかったー
涼宮瑠璃    「次3000来る~


あまりの威力に、3000の通称が定着してしまいました(笑)
さてさて、どう乗り切るのか……。
それは実際の戦闘の様子をご覧下さい(* ´▽`)ノ

では、戦闘開始~~!

d9a313c8.jpeg

強敵を前にしたパパの気合の咆吼が、闇に墜ちたイザナミ宮に響き渡ります(棒読み)。

無双一家
鎧鍛 60 パパ
鎧鍛 60 兄ぃ
刀鍛 60 あすなん

暗殺 60 ふぁーさん
暗殺 60 姉御

活薬 58 さおりん
射手 60 あたし


※過去数回分のSSの為、記事と相違の場合が有ります。

開幕の行動は、当然各職 定石通り。
大事なのは、不動が付いていない1をsで固め、コマンド回数を減らすこと。

今回は、6→7→1の順でターゲッティングしました。サポート技能や癒し持ちから叩きます。

最初の五分が経過。
7の全体強化は、姉御の完璧すぎる裏看破で軽くスルーしています。
いよいよ、sで行動順を遅らせた真黒雷の3000が参ります!

それを……。

03901a91.jpeg

 なんと、完全全体治療でカバーリング。
そもそも、覚醒ダンジョンの敵は攻撃力が悲惨すぎます。

一撃で平気で2000近く持って行かれることもある強敵に、毎ラウンド全回復1000弱では割に合いません。
そのため、このようなバクチ技能でも真面目に戦略に組み込む必要が出てくるのです。

fb774eb6.jpeg

 細い糸の綱渡りを、必死でしがみつきながら、徐々に敵を追い詰めて行きます。
さてさて、その間に神職には結構大事な仕事があります。
それは……。

538ac294.jpeg

不変です。
実は敵の大半が、『全体麻痺』『死の誘い』といった行動不能技をそこそこ多用してきます。
三回くらいは、忘れた頃に全体麻痺をもらって、壊滅させられていますので、切らさないように注意しましょう。
いやホントに(* ´▽`)

そして、ついに真黒雷に斬りかかるアタッカー衆。
ここまで詰めても、さらに要注意する点があります。

真黒雷の生命が減少すると、さらに切り札を切ってきます。

51d41375.jpeg

全体に準備無し2000弱のダメージを与えると共に、なんと結界を解除してしまいます。
そのため、可能であるならば、全員の奥義をかき集めて、一気に総攻撃を仕掛ける必要があります。

忍者の紫燕殺が、そして耐えたに耐えたあすなんアッパーが火を噴きます。

1dbcdbc8.jpeg

怒り込み、11143のダメージが真黒雷の顎を打ち貫きます。
こうして真黒雷は再び闇へ還りました。

その後も、何度もピンチの場面を迎えながら(後列に抜けると2発でKO)、遂に真黒雷徒党を撃退。

a0157cf9.jpeg

チャレンジ三日、アタック約15回目(あたし的)の討伐です。

戦闘の感想ですが、バランスが絶妙すぎ。
何度も綱渡りを繰り返しながら、後一歩手が届かなかった…そして、大激戦。
これほど、戦闘で胸を高鳴らせたのは、前世で本陣攻めへ送り出された時以来です。
いずれ、プレイヤーも強化されてノックで連続撃破できる日も来るのでしょうか。
でも、そういう戦闘より、やっぱりこの手応えを楽しみたいものです(笑)。

b3c6682d.jpeg

むむ、結構意味深にストーリーが進んでいますね。
いつぞやの特集のように、イザナミ伝説にはいろいろと考えるところのあるあたしにとっては、大歓迎。
今度こそ、イザナミ様の無念が祓えれば宜しいのですが。

こうして、あたしたちの覚醒の刻がスタートいたしました。
おそらく今回の手法は確立される戦略とはかけ離れた物になるでしょう。
でも、別に構いません。
居るメンバーで頭を捻って、あの手この手で勝ちに行くのが無双スピリットってもんですから(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どう見ても…
顎にあたる身長差じゃないよねぇ…
明日菜 2008/12/21(Sun)13:19:13 編集
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]