忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389


 画質テストを兼ねまして、天下夢幻の章の導入部をお届けいたします。
HD版クライアント使用、いつもの様にダベリも見れるように800×600でお届けです。

 では、今回は天下夢幻の章で追加されました攻城戦の手ほどきをお届けいたします。



 「攻城戦がよく分からない」
 そんな声をよく耳にします。実際のところ、適当に自分率いる本隊を
家臣に追尾させて敵の居そうな乱戦部分に突撃。
全滅しても再出撃してまた突っ込めば知らないうちに勝ってる。
 さらに言えば、軍勢を鍛えてもプレイヤーの能力値に関係ない。

 深く考えなくてもそれだけでもプレイはできますし、勝利への貢献も
それなりにあります。

 でも、せっかく待望の軍勢を率いて戦う実に戦国らしい要素が追加されたのですから、
エレガントに采配をふるって見ませんか!



 システム的には、前回の記事でもちょっとだけお伝えしましたが、
ぶっちゃけた話、PS2版の決戦3をシステムはほぼ同じです。
わかる方は非常に少ないと思いますが。

 では、具体的な戦闘のルールですが、意外と簡単。
最初に攻撃範囲に入って戦闘を開始した軍団が、どちらかが全滅、
あるいはプレイヤー側が逃走するまでずっと殴り合いを続けるという
(現在のところ)、非常に簡略化されたシステムになっています。
 よそから殴られたからといって、攻撃対象を切り替えて反撃したりは無さそうです。
 と、いうことは……。


 こんな形に持っていけると、プレイヤー側の損害は叩かれる1部隊が
ダメージを受け、三部隊がかりで一方的に叩くことができます。
実際の合戦通り、数が多い方が勝つ。まさにそのとおりですね。

 と、いうことを踏まえて。
まずは部隊をその傾向に整えてみましょう。


 レベルアップの成長方針をこんな具合にしてみましょう。
盾の育成を防御一辺倒にし、矛の部隊を攻撃特化にします。
これだけで、まんべんなく削られていた兵士数の被害が劇的に減ります。

 向かう敵が多数でも、きちんと丁寧に防御部隊でFAをとることが出来れば、
優位に渡り合うことができます。

 陣形も、当然各部隊の役割に合わせた陣形に編成します。
こうするだけでも、1vs4くらいなら平気で撃退できるようになります。

 余談ですが、なぜか今回の攻城戦のシステムでは陣形の特性や
兵種の三すくみが従来のゲームと逆になっています。


 たいていのゲームでは、パイクのように迎撃する槍兵が騎馬に強く、
突撃で蹂躙するため、鉄砲は騎馬に弱かったりするのですが。
 また、陣形でも紡錘陣形で突撃する魚鱗に攻撃補正がつき、部隊を広く
展開し、損害を受け流す鶴翼に防御補正があるものなのですが……。
 先入観だけで編成しないように、注意しましょう。

 前衛担当の家臣1、攻撃担当の家臣2、家臣3。
これだけで、ひと通りの独立機動部隊が出来上がりました。
では、プレイヤーは何をするべきでしょうか。

 FAをとる(真っ先に敵の攻撃範囲に入る)ために防御部隊は先頭を行軍する必要があります。
であれば、防御部隊をプレイヤーが担当し、残りを家臣が賄うというのも
一つの手ではあります。

 個人的には、プレイヤーは主となる三部隊から外し、独立させることをおすすめします。
それによって、こんな役割が可能となります。

①忍者を率いて偵察に出られる
 防御力が極端に下る忍者を実戦部隊に取り入れるのは危険かもしれません。
 そのため、小回りがきくプレイヤーが担当し走り回って敵軍の伝令なんかを
 探しまわることも可能になります。
②宝箱回収大作戦
 いちいち画面の端っこのツヅラを全部隊で取りに行く必要はありません。
 戦闘は家臣に任せ、入り組んだ複雑な地形も簡単に移動できるプレイヤーが向かいましょう。

 そして、何より大事な三番目の役割があります。

③本隊を薬師部隊にし、ヒーラーを務める
 レベルを20にするだけで、もう兵糧切れ時の再出撃時間が1分半とか。
 部隊レベルを上げるだけで、飛躍的に再出撃クールタイムが上がってしまいます。
 したがって、死ににくいことは非常に、非常に、重要です。
 薬師をCPUに任せると操作上非常に手間取ります。
 これをプレイヤーが担当するだけで、劇的に生存率が上がります。



 というわけで、こちらが現在のあたしの軍の編成例です。
進軍時のオート攻撃の反応範囲は結構広く、遠くから鉄砲で撃たれても棒立ちなんて事もありません。
”移動時:攻撃優先”は結構信頼して使用出来ます。

 ただ、敵部隊撃破時の次のターゲット設定が、割と素直に一番近い敵を攻撃してくれるようにはなっていないようです。
たまーに近くの敵を無視して、奥の方にずんずん進み始めてしまいますので、適度に補正してやるといいかもしれません。



 綺麗に決まればこんな感じですね。
流石に防御特化型でも、イベントボス系の格上相手では結構な損害が出ますが、
薬師部隊スキルの”治療”を施してやれば、そうそう負けることはありません。

 この編成の場合の弱点は、次の通り。

①移動速度が遅い

 やはり、これに尽きます。槍、鉄砲、陰陽師などで編成されるため、移動速度が低すぎます。
 自部隊も薬師にするなら、ダッシュできた軍師軍と違って、なれるまではストレスの塊でしょう。
 「攻城戦」という名の通り、ほとんど防衛戦がありませんので、現在ではさほど戦略的には弱点には当たりません。
プレイヤーが防衛部隊の前に出られない(FAを取ってしまう)ことも要注意です。

②伏兵に注意

 矛部隊の構成要素を全て攻撃に回してしまっているため、狙われた場合の耐久力に難があります。
遊撃隊たるプレイヤーが排除しようにも薬師では攻撃力自体に難があります。
前衛の槍隊で「挑発」でターゲットを引く等、ケアに注意しましょう。


 FAなんて言葉を使っている通り、ルールはラグナロクのβテスト時代と同じよーなもんです。
単純だからこそ、ちょっと思考を巡らせれば、CPUを手玉に取ることはそんなに難しくありません。

……あとは、CPUが地形へ引っかかりやすかったり、無理やり移動しようとして地形にスタックしたりする点を何とかして欲しいですね…。
平野の真ん中の柵や大岩をのけとけ、と言いたいところですが…。

 というあたりが、現在までのあたしの戦略であります。
騎馬隊を有効に使う方法とか、オレ式編成なんかを教えていただけると嬉しいですね(* ´▽`)

********** オマケ **********


 タイムスクープハンターの映画をやりますね!
ドラマらしいけど、正直見たことありませんが!!

 …えー。
実はろくに広告も打っていませんが…。
我らが信onもこの映画とタイアップしていることをご存知でしょうか!



http://timescoop.jp/campaign.html

 こちら、サークルKサンクスのロッピーみたいな装置で映画の前売券を
購入すると、なんとコーエーの歴史系オンラインゲームのアイテムが貰えます。

 んで、我らが信onの特典はといいますと…。



 信長之鎧改装具
かかか、改装具ー!!寄り合い所を始めとする各種インターネットを
調べていましたが、詳しい仕様もありませんでした。
 ここはあたしが人柱になるしかありますまい(* ´▽`)

 というわけで、買ってきたチケットを公式サイトに入力し、
シリアルに変換。これが信長様の鎧でーす。



 ぱんぱかぱーん。
腰にひょうたんまでついて、まごうことなき信長公の甲冑。
こうして見ると、ほんまに西洋のプレートメイルですねぇ。



 なんとこれ、待望の完全無条件改装具のようです!
取引不可にはなるようですが、絶対渡しませんから問題なす(* ´▽`)




 HD版クライアントの本領発揮。
ほんとにかっこ良いですね!個人的には源平型の純日本製の方が好きなのですが、
こっち側もいい感じです。
 なにより、素材を問わない改装具というのはなかなかありませんね。
本気装備、これで作ろう(* ´▽`)ノ
 染色も可能ですので、何色に染めようかめちゃ迷うところです。



 桜子さんのお福分けは、ちょっとした報酬です。
武功はともかく、生産熟練の本とか嬉しいですね。
もっとも、天下夢幻の第一陣には新規生産はありませんでしたが(笑)



 そんなわけで、せっかくですが映画も見に行きますけれども、
この付録、なかなか良い感じですね。

……はよ、全員の装備更新せんとあかんなぁ(* ´▽`)ミ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]