忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[206]  [204]  [205]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
2ec93c1c.jpeg

 あけましておめでとうございます、食っちゃ寝してますかー!
記念すべき本年度一回目の更新は、あろう事か信onとかけ離れたレポートからお届けいたします(* ´▽`)

 最近、ギルチャの話題に上ることが多くなったPS3『白騎士物語』と、プレイステーション3上に構築された仮想空間『Home』。
その二つをご覧下さい。

e5866c5c.jpeg

 まずは、プレイステーション専用ソフト『白騎士物語』。
オフラインのモードとともに、オンラインのマルチプレイでも遊べるというシステム。
…ん?どっかの宇宙で聞いたことがありますね(* ´▽`)

註)現在、数時間遊んだだけのレポートです。

e880988c.jpeg

 まずは、ちゃっちゃとキャラクターメイキング。
本編では、オンラインで使用するマイキャラクターがパーティーメンバーとなって主人公を見守る、ちょっと変わった形式になっています。

 このキャラクターメイキングの作り込みが、凄まじく凝っています。
身体の凹凸は勿論、等身の変更から顔各部分の変形まで、とにかくいじり倒すことが出来ます。
過去、類を見ない設定項目数と言えます。
 惜しむらくは、ゲーム上でそれほど、顔がアップで凝視する場面が少ないことと、髪型の点数が若干少ないことが上げられると思います。
何か忘れましたが、どっかのゲームのように基本・前髪・後ろ髪をそれぞれ設定できるくらい凝れれば良かったのですが…。

さてさて、プレイステーション3と言うことで、風景がこれまた最高に綺麗。

6839401a.jpeg

 王都から離れた、田舎町の高台から見下ろした風景です。のどかな田園風景ですね。
道中の森の作り込みも、水の表現もかなり良い感じです。流石は新世代機と素直に感心。

fd5396f1.jpeg

 町の中も、なんとロードがありません。
こんな具合に、屋外と屋内が、シームレスに繋がっています。
何より感心したのは、ちゃんと生活感が出ているところですねぇ。
もうちょいガンバレ、信on(* ´▽`)

08d00d43.jpeg

 これが、現在のパーティーメンバー。
右から、ヒロイン(仮)・主人公のレナードくん・真のヒロインです。

さて、戦闘ですが、これが結構独特。

ff04dd29.jpeg

 画面右に、輪っかがあると思いますが、これがウェイトタイム。
何か行動すると、これが0になり、一回転して充填するとコマンド投入可能になる、っていうまさにMMOな戦闘システムをストーリーモードでも繰り広げることになります。
 キャラクターの育成は、レベルアップ毎にスキルポイントが与えられ、それを各武器スキルに割り振ることで方針を進めていくような形です。
 あたしは、弓+白魔法という完全サポート型設定で行くことにしました(* ´▽`)
もちろん、弓以外にも定番の片手剣から槍・斧・両手剣と種別は様々。惜しむらくは、二刀流が出来ない事ですかねぇ。

ed7b709d.jpeg

 以上、超駆け足でしたが、白騎士物語ってこんなゲーム、っていう感じでした。
景色が綺麗なため、フィールドをうろついているだけでも結構楽しい感じ。
次回、誰かオンラインモードへ遊びに行けたら、続きのレポートと参りましょう(* ´▽`)ノ

では、引き続き後半部…。

050c092c.jpeg

 偶然みつけた、PlayStationHome(以下、『Home』)のご紹介と参りましょう。
『Home』とは、簡単にいうとPS3版セカンドライフ(やったこと無いけど)です。
PS3を通して、全世界の人たちと容易にコンタクトが取れる自由な庭。それが、『Home』です。
ま、放課後みんなで遊びに行く信onと有る意味似てますかね(笑)

67e83a4d.jpeg

 とりあえず、アバターを作成。
さすが、全世界標準を目指している『Home』。容赦なくリアル指向です(笑)
こちらも、白騎士物語に負けず劣らずの設計っぷり。
頑張れば、テクモ美人並みの顔が作れる…のかもしれませんね(* ´▽`)ムリ

fae69829.jpeg

 というわけで、いざ電脳スペースにダイブ!
最初に転送されるのは、自室。
今は数点の家具があるだけの殺風景なスペースですが、PS3のゲームをやり込むたびに、トロフィーが入手できたり、各メーカーのワールド(後述)で家具を入手できたり出来るようなるそうです。

ご覧の通り、これまた景色も凄まじい綺麗さ。

99fe27a4.jpeg

これが、自室のベランダからの風景。
ヨットハーバーとか、とんでもなくリゾート気分。やっぱ、仮想空間はこうじゃないとね(笑)

では、他のエリアに移動してみましょう。

3cb248c9.jpeg

 移動コマンドを選択すると、メニューからワールドを選択して移動することになります。
勿論、ワールドの設定次第でドアから隣のエリアへ進むことも可能です。
臨場感を大事にしたいあたし的には、やっぱ無理矢理にでも徒歩で回れるようにしてもらいたいってのが本音ですねぇ。

 さて、『Home』では各メーカーがそれぞれエリアを作成することが出来ます。
ゆくゆくは、セカンドライフのようにユーザーも作り込めたりするのでしょうか?

まず、最初に訪れたのは、ゲーム『SIREN』の世界。

4704079a.jpeg

『どうあがいても絶望病棟』

…めっさ怖い(* ´▽`)
そう、各メーカーが腕によりを込めて、パビリオンを作っているのです。
なまじPS3のため、現物と見まごうばかりの臨場感。
残念ながら、現在の『Home』はまだまだオープンベータテスト。

0fd4f582.jpeg

お化け屋敷(?)の入口は、準備中の札が掛かっていました。
…あ、申し上げておきますが、現在の『Home』にはスクリーンショット機能が無いため、あたしがデジカメで記録しております。
実際には、背筋が凍るくらい怖いエリア(実際、入るための年齢制限が掛かっています)です。

1dc9de4b.jpeg

次にいったのが、ナムコのパビリオン。
なんと、ゲーセンになっていました。

中央のセンターモニターでは鉄拳のムービーがじゃんじゃん放送され、壁にはゲームの宣伝ポスターが貼られています。
そして、壁際や目の前、テーブル筐体で…。

cb672338.jpeg

ほんとうにゲームで遊ぶことが出来ます(* ´▽`)スゴイ
とにかく、紹介できないくらいいろいろとパビリオンが有るので、掻い摘みますが…。

e2f3487f.jpeg

映画館があって、鑑賞できたり…。
(座席を『調べる』と着席でき、着席しモニターを『調べる』と画面大写しになりちゃんと鑑賞出来ます)

71e6cf4f.jpeg

本格的な遊技場があったり…。
(ちゃんと多人数ボーリングゲームで遊べたり、ビリヤードやダーツまで)

他にもデパート(衣装や家具をリアルマネーで購入)やゲーム製作所を模したパビリオン、インタビューを放送しているエリアなど、様々。

67b032d2.jpeg

 将来的には、『Home』を基点に散策し、意気投合したらゲームを起動して遊ぶ…。
そんな生活スタイルを想定している様子です。
『Home』内に直接ゲームを起動するメニューがあったり、ボイスチャットも標準搭載されていたり…。

 まだまだサーバが脆弱だったり、アクセス困難だったりいろいろと問題点も多いようですが、PS3をお持ちの方は、一度足を運んでみては如何でしょうか?
 結構、いろいろと楽しめると思いますよ(* ´▽`)ノ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
(* ´▽`)ウフフ
>ときとーさん
お久しぶりです。
セカンドライフのカスタマイズ性は、ほんとに羨ましい限り。
武家屋敷にしろ、Homeにしろ、最終的にはああいうレベルまで進化して欲しいと切望しているかんじ。
あれくらいいじれたら、本気でお屋敷建築に撃ち込むのに(´・ω・`)
あ、最後に。
いろいろとおめでとうございます(* ´▽`)ノ
しのぶさん 2009/01/18(Sun)13:42:30 編集
迷い込んだ子羊‥
はいどうもたまに体験版の里で暇してる陰陽師です。
今日はPC版操作がわからなくてチャットに至るまで数分かかりましたが大黒柱(自称?)の某ママと喋りに成功‥重大発表があるかも?
で記事の感想的なの
セカンドライフのuenoにあるお化け屋敷も結構リアルで恐いです。
PS:鉄拳は結構ハマっちゃってますwボスコノビッチが強い‥
以上、最近は午前中に里で遊んでる暇人でした~
時任朱也 2009/01/05(Mon)17:37:55 編集
あけおめ(* ´▽`)
 最近の信onも、追加されるのはプライベートダンジョンばかりで、ぶっちゃけロビー→MOっていう感が強くなってきていますね(苦笑)。
かわら版システムの追加でMMO成分を少しは補強したと思われますが、破天以降、やっぱり寂しいものです。
 そう言う意味では、Homeには結構期待。
これからはロビーから気軽に行けるライトなシステムに移行していくのかな?
テーマパークはまさしくナイス形容。
でも、もうちょい何か遊べる方法を期待したいところ。
色々なミニゲームが入っているって意味じゃ、そこらへんのMMOよりも遙かに良くできてるとは思いますけど(* ´▽`)
しのぶさん 2009/01/04(Sun)21:05:13 編集
無題
あけおめす( ^ω^)ノ
なんか昔ネタにあったような世界が、いずれ実現されそうだねぇ。
単にゲームするためにログインするんじゃなくて、仮想空間で「生活」するためにネットに繋ぐ、、まだまだこれからの開拓領域ではあるけど、賛否両論ではあるなぁw
如月冬弥 2009/01/03(Sat)12:24:13 編集
無題
私もPSHome参加してるけど
余りにも広くて広くて…なんかTDLよりちょっと大きいテーマパークだね。
20,30代の忙しい人には持って来いの遊び場ではあった。
えみ 2009/01/02(Fri)13:17:58 編集
カウンター
最新コメント
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
[07/02 しのぶさん]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]