忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337
7c61562c.jpeg

 明けて二日目、いよいよ今回の本命、高千穂峡へ出発です!
(* ´▽`)ウフフ、めちゃ楽しみ。

a6b5b051.jpeg

 今回利用したのは、別府での地獄巡りでもお世話になった、おなじく亀の井バスツアーです。
ルートは、別府を出発して、高千穂峡周辺を観光して熊本へ抜けるというもの。

 8:00、朝ご飯も超おいしかったホテルをチェックアウト。
熊本駅よりバスに搭乗します(* ´▽`)ノ

 バスは別府や湯布院でも乗客を集めると、一路やまなみハイウェイで高千穂へ。

0b6efbc9.jpeg

 途中で休憩停車するサービスエリアとかで、地元の特産をつまみながら、全四時間にも
及ぶ長丁場になります。

 これ、三愛レストハウスで頂いた飲むヨーグルト。
大変濃厚でおいしゅうございました(* ´▽`)ミ

 今回のバスツアーのほとんどが女性。男性は二名のみという、なんとも女子会のような様相。
ちなみに、ガイドをしてくれたバスガイドさんのゆいちゃんは当年とって19歳!
 17歳のるーさんや15歳のあたしから見ると、年上ですね!!

 バスは、ゆいお姉様のガイドで、次の休憩地、道の駅に到着します。

efd817a1.jpeg

 道の駅、神楽殿に到着。
ご覧の通り、敷地内に滝が流れているとっても綺麗なところです。
マイナスイオン浴びまくり(* ´▽`)ノ

674bee92.jpeg

 ここはちょっと変わった経緯で道の駅、いやさトンネルの駅になっています。
というのも、ここ大昔はちゃんとしたトンネル工事が行われた場所だったそうです。

 それが、固い岩盤にぶち当たっただかで、工事計画が凍結。
その後、神楽酒造というお酒屋さんに売却されました。なぜお酒屋さんが買ったかというと…。

 ご覧の通り、トンネル工事跡を酒蔵として利用しているんです!
トンネル内は常時一定温度に保たれていて、お酒の貯蔵には最良だそうです。

633cd4bc.jpeg

 お酒屋さんの道の駅と言うことで、試飲コーナーが異様に充実。
試飲用のビンがこの二倍ほどのエリアに所狭しと並んでいて、氷も完備。
宮崎中のお酒を心ゆくまで堪能することが出来ます。
 ポン酒がダメなあたしも、果実酒やリキュールを中心にいろいろと味見をしてきました(* ´▽`)
……ま、未成年ですけど!

98d1138b.jpeg

 別府を出てから四時間、いよいよ高千穂に到着しました!
ご覧の通り切り立った絶壁に取り囲まれたまさに秘境。

2691a646.jpeg

 神話からの長い時間を経て、水の力で岸壁が少しずつ削られて、こんな不思議な
文様になっているそうです。

 さぁ、高千穂で画像検索すると、一番ヒットする、日本七大名滝の一つ、
まないの滝に到着!

90099d27.jpeg

 (* ´▽`)ひょー、めっさ綺麗!
実はあの写真の通り、この滝をボートで間近から見学することが出来るんです。

 一艘、三人乗り1500円也。
残念ながら、バスツアーのため、今回はスルー。今回の旅 最大の残念賞です ヽ(;▽)ノ
今度来るときには、是非とも乗ってみたいです。

4e41dc78.jpeg

 というところで、ちょっとおそめのお昼ご飯。
バスガイドさんが気を利かせてあらかじめ手配してくださったご飯を、土産物屋さん兼食堂の
二階で頂きます。

 なんと、蘇食定食というそうで、右手に見えるのが古代米のおうどん。
おそばでは断じてありません(* ´▽`)。それをお鍋でコトコト煮て食べます。
その藁葺きの農家の中には薄味の煮物。こちらも大変おいしゅうございました(* ´▽`)ミ

63ebbb01.jpeg

 お昼を頂いたあと、高千穂峡を後にし、つぎの目的地 高千穂神社へと参ります。
「あれ、信onの高千穂と似ても似つかねーじゃん?」って?
むしろ当たり前の事象過ぎて気づきもしなかったかもしれませんが、結論を出すのは早計。
もうちょいお待ちください。

 さてこの高千穂神社も由緒正しい神社なのですが、なんと言っても見所は…。

ecf309d1.jpeg

 この、鎮め石です。
ゆいお姉様曰く、この石は近年はやりのパワースポットってやつで、この石を撫でると、
いろいろと御利益があるそうです。

7b687ea1.jpeg

 さっそく、我先に襲いかかるように飛びつくバスツアー一同。
これであたしも、今にもまして幸せ一杯ですね!

…で、こっからちょっとした後日談なのですが。
高千穂神社のホームページに日記の下調べで行ってきたのですが……。

06988e11.jpeg

 さわったらあかんのかいやー!!
なんか文字がバグってますが、手を触れてはいけないそうです ヽ(;▽)ノトホホ

b27f5544.jpeg

 いよいよ、本日の最終目的地 天の岩戸神社です。
こちらはあの有名な、『天の岩戸』があるそうな。見ての通り、お祭りしている神様が
アマテラス、タジカラ、アメノウズメと有名な神様ばっかり!

dc61fbd5.jpeg

 宮司さんの案内で、天の岩戸にお参り。当然、撮影禁止。
お宮の脇から、木戸の鍵を開けて本殿の裏手の方に石段を下っていきます。

 そこは、霊感とか全然無いあたしでも何かを感じる神聖なエリアでした(* ´▽`)
現在では、既に埋もれてしまって詳細な場所は不明なため、天の岩戸自体を見ることは
出来ませんでしたが……。
 不思議なことに、天の岩戸があるとされる地点の上の樹木が、何か不思議な力に
ねじ曲げられているかのように、とある地点を示すように丸く輪になっていました。
とっても不思議(* ´▽`)ノ

e350477e.jpeg

 天の岩戸神社から歩いて十五分。
この河原が、あまのやすかわらという河原になります。

 信onをプレイしている諸兄は、天の岩戸伝説は既にご存じですよね?
アマテラス様が引き籠もりになったときに、神様が集まって相談したところが、
この河原だそうです。

a20cc9dd.jpeg

 お堂は大きな洞穴に中に設えられてあり、それだけでも圧倒的な存在感でした。
とても、道中で買い込んだかぼすジェラートを頂いている場合ではありません!

1b96608f.jpeg

 この河原で、三段の石積みをすると、願いが叶うという言い伝えがあり、見える一面が
こんな誰かの願いが込められて石積みになっていて、それも不思議な光景の一端を
担っています。

 もうおわかりですね。
信onの高千穂ダンジョンは、高千穂峡ではなく、天安河原をモデルにしているようです。

 とゆーわけで、二日目はこんな感じ。
いよいよ次回、熊本城攻防戦です(* ´▽`)ミ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ひむおじゃん!
 みんないろいろいってていいじゃん(* ´▽`)
高千穂、予想よりこじんまりした感じだったんだよねー。
すんごい絶景でしたけど。
あー、ボートに乗りたかった-!
しのぶさん 2011/10/23(Sun)00:19:50 編集
無題
釣られてなるものか!

と、耐えに耐えて結果釣られましたよ!

いいなー高千穂・・・
ひむか 2011/10/22(Sat)18:37:34 編集
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]