忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390


 最近、信onが久しぶりに楽しくて全然絵日記がご無沙汰になっていましたね!
いやー軍勢戦は楽しいし、ボス一戦のみとかお手軽に遊べるようになったし。

 近況は後ほど、今回は先日…といっても、もう一月にもなりますが、宝塚の
『手塚治虫記念館』に出かけたレポートです。

http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/

 公式サイトは、あんまり展示内容を紹介しておりませんので、個人ブログを
見たほうがよくわかりますよ(* ´▽`)



 こちらが、行きしなにアニメイトで購入した入館チケットです。
シェリルさんとランカさんの二枚から選択でしたが、ランカさんのバージョンをチョイス。
 「なんで手塚治虫記念館にマクロス?」というご質問は後ほど。

 こちら、なんとランカさんのファーストライブのチケットを模した
デザインになっています。ミニチュアとかレプリカが大好きなあたしには
たまらないサービスですね!
 ちなみに、絵日記執筆時に実際のを調べてみましたが……。
このへんまでこだわってくれると嬉しかったのですが、劇中のは関係者向けとか
そんなスペシャルバージョンだと思うことにしました(* ´▽`)



 宝塚って意外と近いんですね。大阪から、電車で二十分ほど。
駅から15分ほど歩いたところに目的地の『手塚治虫記念館』があります。
 その途中には、ヅカで有名な宝塚大劇場があります。
ちょっと覗いていきたい気もしましたが、今回は我慢の子。



 それにしても、宝塚って街自体がおしゃれな雰囲気満載ですね。
こちら、歌劇場の近くの建物。これでもただのマンションなんです。
なんか全体的に、陽気なスペインの休日みたいな光景でした(* ´▽`)



 記念館に到着。
ご覧のとおり、外壁にはアトムやリボンの騎士といった手塚治虫が生み出した
ヒーローたちが壁画として設えられており、感無量。
 テキトーな建物に展示物をぶっこんだちゃちな設備ではありません。



 入り口でばばーんと出迎えてくれるのが、こちら大きな火の鳥の像。
大昔に市民図書館においてあった「火の鳥鳳凰編」を読んだのを思い出します。
 個人的な感想になりますが、手塚治虫の作品はどうも楽しいだけの
作品ではなくてバッドエンドや鬱展開の話も多いので、あまり好んで
触れて来なかったんですよね。
 ドラえもんの藤子不二雄も少年向けばかりじゃありませんし、昔の
漫画家さんはみんなそうなのかもしれませんね。



 入り口の床タイルには、数々の名キャラクターたちの手形・足形が
たくさんあります。ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムみたいですね!
主人公たちだけでなくて、中央上のランプのように名脇役の型も有ります。



 超有名人、リボンの騎士の主人公 サファイアさんのをクローズアップ。
こんなちっちゃいのかーと感慨に浸れますね(* ´▽`)

 …正直、あたしの年代は手塚治虫とマッチしませんので、大半の作品は
知らない・リメイクばっかりなのですけれども(* ´▽`)>



 いざ、入館!
エントランスはリボンの騎士をイメージした王宮仕立てのイメージで
制作されていました。



 宮廷入り口には、原寸大のアトムとサファイアさんが出迎えてくれます。
これ以後、記念館のあちこちに原寸大の手塚キャラが待っていてくれます。
 個人的には、台座無しで地面に置いて等身大で接しさせてくれたら
もっといいのにと思ったり。



 最初のエリアは手塚治虫作品を年代順に、大量の資料を交えて
詳細に紹介してくれるエリア。

 実はこの記念館、全てのエリアで撮影が自由となっていました。
 後述、二階の特別展示の一部のみ”撮影禁止マーク”があって、それのみが
ご遠慮というのみ。
 存分にサイバーショットでバショバショ撮影しまくりあたし(* ´▽`)



 こちら、あたしでも比較的知ってる作品ということで、アニメ版の
ジャングル大帝レオの絵コンテ。
 あたしにとってジャングル大帝といえば「さぁ、レオ、サバンナ超えて!」
っていうあの主題歌が思い浮かびますが、この資料はきっと古い白黒時代の
作品だったりするんでしょうね(* ´▽`)



 こちらが、手塚治虫大先生のトレードマーク、ベレー帽。
よく漫画家さんは自画像を描かれますが、手塚治虫は本当に
ベレー帽とメガネのキャラだったんですよね。
 なんでも、デビュー当時は学生で、学生という身分とプロの
漫画家を切り替えるために、ベレー帽を装着していたそうです。



 手塚治虫の生涯を追うコーナー終了!
出口ではそのレオくんと三つ目がとおるの写楽保介くんが居ました。
多分、個人的にはわくわく大冒険の『三つ目がとおる』が手塚治虫の
ナンバー2かもしれませんね。
 ちなみに一位は『アドルフが告ぐ』(* ´▽`)>



 2Fの特別展示場で10月末まで行われているのが、このマクロス展。
マクロスといえば、「バルキリー」、「歌」、「三角関係(笑)」(Wikipediaより)。
さっそく、オープニングから突撃ラブハートで始まります!



 展示室の中は、歴代のマクロスシリーズを対象に、歴史や展示小物
なんかで構成されています。まどか☆マギカのイベントの時からそうでしたが、
アニメの中のものが実際のアイテムになるって結構インパクトありますね。



 …と、偉そうなことをいっても、実はマクロスあんまり見てません。

・覚えていーますーかー!と小白竜は好き
・ファイアーボンバーは突撃ラブハートが最高
・ライオンと星間飛行もいいよね!

……程度です(* ´▽`)>

 バルキリー一覧をみても、ロイ・フォッカー機のドクロのバルキリーしか
見分けがつきませんね!



 んで、今回の展示の目玉として…なんと、原寸大のバルキリー(一条輝機)の
コクピット部分が展示されているんです!
しかーも、乗って記念撮影とか可能(* ´▽`)ノ



 コクピットのメインディスプレイも、HUDっていうんですか?
空戦っぽい表示がいろいろあったりよく出来ていたのですが、残念ながら
燦然と輝く"撮影禁止マーク"。ちぇ。
 コクピットには音楽が流れるボタンもあって、やたら有名な空戦のテーマとか
三曲くらい選択出来ました。
 ファンにはたまんないんでしょうね!



 ゼントラーディ戦争を終えて、後半部分の第二部の展示は、
「銀河を救った歌姫たち」と題して、歴代のボーカリストたちの展示エリアです。

 歌姫(マジで書いてあった)と言いつつ、早速バサラスタートですけど(笑)



 こんな感じで、使用された実物のマイクと、作中の名シーン、そして
備え付けの大画面で代表曲のPVを放送していました。



 そういえば、記念館の前売り入場チケットは、シェリルとランカの
二種類から選択できたのですが、あたしはランカバージョンをチョイス。
というのも、ランカの声優の中島愛さんが、当時はまっていたMMO-RPG
タルタロスオンラインのテーマソングを歌ってらっしゃいました。
あと、ふぁーさんの名前がエンディングロゴに載っていましたね(* ´▽`)



 最後に設定資料と舞台衣装を堪能して終了。
シェリルさんの軍服みたいな衣装、ちょっとかっこいいですね!
カプ厨のあたしとしてはラブコメは大好きなので、マクロスFとか
見てみようかしらん(* ´▽`)



 世界各国版の手塚作品を自由に読めるカフェもありました。
大昔に図書館で見た懐かしの表紙絵とか、めっちゃ見てて飽きませんね(* ´▽`)
最後に、記念館最奥部のブラックジャック先生に挨拶して観覧終了。

 朝早く出発しただけあって、観覧終了時点で十一時半ってとこ。
というわけで、ご飯の時間。



 グルメマクロスと称して、近隣の飲食店とタイアップしてマクロス作中
ゆかりのメニューを出していたのでした。
 さすがにお昼ごはんにドリンクというわけにはいきませんので、ラーメンか
ビフテキ(笑)か…。

 というわけで、その名も『テンプラーディ丼』をチョイス!
お店を探して歩きまわること三十分。なんと、とあるマンションの二階に
隠れ家のように存在するお店でした。



 お店は店内のあちこちにヅカの女優さんのサインが飾ってあり、
超高級料亭風味なお店。ぶっちゃけ場違いなあたし(* ´▽`)
 注文を受けてから目の前で揚げてくれるテンプーラは、それはそれは
美味しいですが、どうもこういう高級なお店は落ち着きませんね(苦笑)



 というわけで、手塚治虫記念館の見学終了。
行きしなと同じく、帰りも駅から続いている遊歩道『花の道』を通ってJR宝塚駅へ戻ります。

まだ、十二時半ですね。んじゃ、次回予定だったイベントをもう一本!



 大阪環状線を寄り道して到着したのが、大阪歴史博物館。
以前に来た時も絵日記を書きましたよね。

 ここで特別展示として、ちょっと巷で話題になった
「エヴァンゲリヲンと日本刀展」が大阪に来ていたのでした!



 (* ´▽`)うひょー
外で見慣れたイラストに出会うと、ちょっとテンション上がりますね!
真希波さん(←旧版TVアニメしか知らない)の短ドスの似合いっぷりが
半端じゃありませんね!

 んじゃ、早速 アニメと日本刀という趣味直撃イベントを堪能……



なんじゃこりゃー!

 …というわけで、まぁ思いつきで出かけるのは危険というお話ですね。
ってそういえば以前……。



 来日した『青いターバンの少女(フェルメール作)』を見に行った時も
同じ目に合わされた気がしますね!!
 はるばる神戸まで出かけたのに!!



 おみやげは、このイラストパネル。
ご覧のとおり手塚作品のリボンの騎士のサファイアと、マクロスの二大ヒロイン
シェルリとランカがコラボしているイラストです。
 せっかくのイベントなので記念にこーてきました。

 とまぁこんな感じの手塚治虫記念館。
一日を過ごすにはもうちょっとボリュームが欲しいですけれども、手塚治虫の
展示を本腰を入れて作っているのは大変好感触でしたね(* ´▽`)

********** 近況 **********


 私事で恐縮ですが、天下夢幻の波に乗り、数年ぶりにレベルアップを果たしました!
それもレベル65をあっさり越えて、レベル66に!
 潜在もまだまだですけれども、どんどんいろいろなところに引きずってって
貰えると嬉しいですね(* ´▽`)ノヨロシク
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]