忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [171]  [170]  [154]  [169]  [168
8a778c86.jpeg
= 前口上 =
 日本古来から、化け狸・化け狐と、動物の枠を超えて描かれてきた狐と狸。
御伽噺では、狸は分福茶釜など、色々と語られておりますが、狐は主に伝承といった方面で語られています。
かの安倍晴明の母と言われる葛の葉も、実は狐で我が子に妖術の手ほどきをしたと言いますし、九尾の狐は妖怪の中でも有名どころ。
かの名作 『うしおととら』でも、憎むべき大敵を、見事な貫禄を以て勤め上げました。
逆に、狸は伝承に出てくる事は少ないようです。
満月の下で腹鼓を打つ愛嬌のあるユーモラスな狸よりも、冷酷で計算高いイメージのある狐の方が、現実的な悪役として使いやすかったのでしょうか。

b825e0c7.jpeg
 今回の東西戦の元ネタとなっているとおぼしき伝承は、おそらく『阿波狸合戦』だと思われます。

 甲冑に身を包んだ600余匹の狸たちが、覇権を賭けて阿波を血に染めた一大合戦のお話です。

 これは、ジブリアニメの佳作『平成狸合戦ぽんぽこ』のストーリーモチーフにもなっていますが、残念ながら、狐は関係なく、ビジュアルだけが参考にされているのかもしれませんね。

 というわけで、五周年目の東西戦は、徹頭徹尾、全編に『狸と狐の化かし合い』をベースにした、非常に凝った作りになっていました。

 まず、東西戦という事で、後に景品と交換する『葉っぱのお金』を稼ぐ事になります。

 それでは、その方法をちょろっと覗いてみましょう。
なお、以後の説明は『東軍・狸陣営』『西軍・狐陣営』を、それぞれ敵味方の場合、適時読み替えてご覧下さい。

= 変化で敵陣へ突き進め! =

be1505ab.jpeg

 敵軍を倒すと、『変化木の葉』というアイテムがロットされます。
これを、自軍のNPCに5人が渡すと、なんと、ただの狸さんが、大きな化け物に変化するのです。
その大妖を、借りた笛で敵陣地へ誘導するのが、今回の一番大がかりなギミックとなっております。

27cd263d.jpeg

某所のインタビューで表現されていた、『みんなで囲む御神輿』というのが、これですね。
首尾良く敵陣地へ大妖を送り込む事に成功すると、様々な効果が発現します。

bf00c287.jpeg


「いまだ、いてまえ!」
こんな風に、変化していたのが正体がバレて、弱体化してしまったり…。

071f7894.jpeg

そのエリアにいる兵士が、狸に化けたり、逆に完全隠形(絶対に見破られない)で敵将に容易に取り付きやすくなったり、と様々な混乱がどんちゃん騒ぎに拍車を掛けています。

また、この大妖を敵要害へ送り込むと、大量の葉っぱ、誘導中の笛使いたち(名前の横にマークが入る)を討ち取ると、これまた葉っぱ。
はたまた、誘導者を襲撃してくる敵兵を返り討ちにすると、これまた葉っぱ。
このように、『御神輿』の回りで、自然に大乱戦が巻き起こるような仕組みになっているのです。

笛を吹いてNPCを誘導というシステムは、いつぞやの『節分』の流用かもしれませんが、それを合戦場に持ち込んだという事と、ちょっとした味付けで差異を出す事に成功しています。

また、上記の大妖以外にも……

7050de8d.jpeg

葉っぱを渡すと、妖怪馬に化け、敵陣へ突撃。
大爆発と共に、一気に踏みしだき、護衛NPCが全て昏倒するという有様。
今回は東西戦のため、妖怪馬が突貫しますが、これを武将と騎馬軍団に変えると、十分実際の戦闘でも機能しそうです。
遊撃の騎馬武将の支援を受けて、敵守備武将を襲う、なんと燃える展開ではありませんか。

毎年、東西戦といえば、合戦新機能をテストしている事で有名でもあります。最近で言えば、兵種や資材運搬による建築もそうですね。
今年は、陣地の状態変化がそうではないでしょうか?
状況により、武将のレベルが上下したり、別の姿に化けたり、勢いづいて進撃したり。
いずれご紹介する『大決戦』システムでもそうですが、どうやらコーエーは状況の固定しない戦場を模索しているのかもしれませんね。

では、ここからはもう一つの目玉である、武将オールスター出場メンバーをちょここご紹介いたしましょう。

= 参戦武将 =

争覇の章で、武将の所属システムが変更になりました。
国家に属するのは、本陣四天王・軍師・小荷駄武将のみになり、それ以下は各領土の武将がエントリーされます。
つまり、合戦の舞台が変われば、後陣より前の武将も、同じ勢力でも変わるという事ですね。
…ま、そんなご託は良いのですが、突撃してきた武将で、有名方面の武将を何人かご覧下さい。

◇柳生宗矩

bc8460e8.jpeg

必殺技 新陰流五連 で太刀を合わせてくる知勇兼備の傑物。
先陣配置なのは、まだまだ雌伏の時なのでしょうか?

◇稲姫

58d37b72.jpeg

6bd82bbe.jpeg
かの本多忠勝の娘にして、幸村様のお兄様の奥さん 稲姫。
今年の東西戦には、仲良く夫婦で参戦してらっしゃいます。

稲姫が、戦国無双でも抜擢されたのは武勇伝があるからだそうです。
義父に当たる真田昌幸が稲姫が住む沼田城を「孫の顔が見たい」と訪れた際。
既に関ヶ原で敵味方に分かれていたために、「敵にそれは出来ない」と、女だてらに城将を指揮し、追い払ったそうです。

ここまでは有名な話しなのですが、その後 近くのお寺でしょんぼりしていた昌幸の元へ、孫を連れて会いに行ったという事です。
その後も、九度山に流された幸村様と昌幸に心遣いを忘れないなど、人柄を表すエピソードが残っています。

左が戦国無双2の肖像です。
信onではさすがに固有デザインでは御座いませんが、戦国無双の装束をベースに構成されていますね。
トレードマークの額宛が良い感じをだしています。

…襲撃した結果は。惨敗(* ´▽`)
お供の神典神主と共に、凄まじい勢いで矢を乱射して参られました。
対飛び道具用の備えが必要かもしれませんね。゜゜(´□`。)°゜。

◇宝蔵院 覚禅房 胤栄

a2b4c679.jpeg

必殺技:宝蔵院流槍術で滅多刺しにしてくる、十文字鎌槍槍術の創始者。
僧職さんですの、信onらしく槍術だけでなく、回復に法輪とマルチに活躍してます。

-では、大本命をご紹介する前に、東西戦の本陣その他をご覧下さい。

◇本陣

3bb3f255.jpeg

本陣は、やはり例年の通り、選に漏れた諸大名も含めてのオールスター徒党となっておりました。
特筆すべきは、公式でも武将強化が告げられましたが、争覇技能を含めて、根本的にてこ入れされている事です。

b36c04cd.jpeg

サムライ系武将には、当然のように八箇必勝(四連改の上位)を初めとして、今まで見た事のない固有技能も新設されております。
愛しの長政様にいたっては、『夜叉一閃』とかいう居合い抜きまで実装。名前からして、固有ではなさそうですが、いままで『長政?連撃が痛かったよ』とか言われるよりよっぽどマシというもの!

862f6a44.jpeg

本陣軍師も、例年と同じく固有メンバー。久し振りにお会いした幻庵様もお元気そうでした。
ええ、必要以上に(´・ω・`)

その他、四天王・小荷駄・後陣と見て参りましたが、残念ながら 後は普通の徒党で御座いました。

では、いよいよお待ちかねのこの方をご紹介いたしましょう。

◇真田 左衛門佐 幸村

1b72f773.jpeg

ひゃっほーーい!
ご存じ、日本一の兵にして、夏の陣で狸親父を三度も追い詰めた赤い鬼神、真田幸村!
それが皆々様の声援を受けて、ついに信onにも登場です!

ほらほらほら!

fc7127e9.jpeg

まだまだ安土桃山にもさしかかっていない戦国過渡期のため、若武者ルックですね。
個人的には、源平鎧に烏帽子を被った壮年の軍師なので、早く年代を進めてもらいたいというもの。
もちろん、こっちも全然オッケーなんですがね!!

ではさっそく!!

35c1b926.jpeg

ハァハァハァ、取材と、ハァハァハァいってみましょう!!

35cd5441.jpeg

25462c13.jpeg

…幸村様ったら照れちゃって(* ´▽`)ゴフ
ちなみに、少々残念だったのが、その徒党構成員。
東西戦の武将は、毎回お供が『東軍~』『西軍~』となります。
これが実に惜しい!! こちらが、毎度参考にさせていただいている寄り合い所ですが…。

10ebaa4b.jpeg

なんと、本戦で脇を固めているのは、真田十勇士なのです!
幸村様も魅力的ですが、その配下である十勇士もまた然り。
彼らの逢える敵対国家の皆様は本当に幸せ者ですね(* ´▽`)

= ライバル来襲 =

さてさて、東西戦のとある日、入場門からこんな声が聞こえて参りました。

30.jpg

なんと、信onプレスやプレイヤーズバイブル、そしてあたしのライバルの桜子さんが応援に駆けつけられたのです!

31.jpg ほら、本物(* ´▽`)

ECとは、イベントキャラクターの略です。
ちなみに、信onでは名前にアルファベットを使えるのは、メーカー側のみだったりするんです。
GMしのぶ とか、ゲームマスターさんもそうですね。

32.jpg

ひとしきり、プレイヤー諸氏と歓談をされて行かれました。
ちなみに、ちょいとだけデータを載せておきます。

33.jpg

身分の要人というのは、ゲームマスターさんと一緒ですねぇ。
ちなみに、ゲームマスターさんも装備は、ショボいように見えますが、内部の腕力などのパラメータが、平気で3000とかの数値になっているので凄まじい強さになってたりします。
…桜子さんは、こんな攻撃力ですけど(* ´▽`)> ←攻撃力505

= 対人戦 =

軽快に葉っぱを求めて、合戦場を縦横に駆けるあたしたち。
すると……??

0f276139.jpeg

謎の東軍狸軍団の一行が、我が軍の忍者兵をいじめている所に遭遇しました!
これは、是非とも排撃せねばなりません!

1504455b.jpeg

おっとみんな、あくまで仮名ですよ、仮名(* ´▽`)
最初に割られたるーさんも無事に駆け込んできて、いよいよ本格的に対人開始です。

向こうの構成では、無理矢理技能と装備だけで盾侍をやっているりんれーちゃん。
その前衛のりんれーちゃんがついに、ふぁーさん・恭子ねー・まりりんのトリプル
暗殺ーズの集中砲火を浴びて轟沈。
いよいよ、手裏剣でだてっちーズ(仮)を蹂躙する(ヒデェ)のかと思いましたが…!

94dcd6e4.jpeg

再び、対戦の場に駆け込んでくるりんれーちゃん(仮)!!
やがて全身を切り刻まれたはずのだてっち(仮)までもが復帰してきます!
そして、さしみん(仮)も、上覧の時のように完全回復を試みますが、これは誤算。

d5a5ff20.jpeg

手裏剣が、ずばぁん!

8ae86012.jpeg

こっちのトリプルニンジャーの手裏剣乱舞が簡単には通しません!

7fc35178.jpeg

ほんと、ギルチャの実装って偉大ですよね(笑)
ダベりながらも、ちゃんと行動宣言が通ってます。…あ、新人さんも大丈夫。
ここにいたら、自動的に『紫色』と『その他』で分かれて感じ取れるようになりますから(笑)

そして、嗚呼。
しつこく往年のゾンビアタックのように駆け込んでくる敵徒党に業を煮やしたパパが、ついに非情とも言える方針を打ち出します!!!

ed031a21.jpeg

そう、東西戦では入口で『担架』が配られ、その数だけ倒れても入場門で復帰できるのです。
ちなみに担架が無くなると、合戦場から蹴り出され、再入場に五分待たねばなりません。

adf6a8ca.jpeg

かくして、だてっちーず(仮)は戦場の露と消え、名声48と葉っぱ36枚に化けました。
ふっ…勝利ってむなしい(* ´▽`)

= 東西戦 総評 =

 今年の試みとしては、プレイヤーにさせるという点では、目新しい物はありませんでした。
ですが、何より評価したいのは、去年までの繰り返し作業を前提としたポイント集めから脱却した、という事です。
葉っぱのお金という名前こそ付いていますが、今回は大妖を一回送って150枚。それがすでに低級の衣装一着分。
ちょいと武将徒党にでも参加すれば、楽しみながら葉っぱをざっくざく。少なくともあたしは、葉っぱ集めが苦痛に思えた事はありませんでした。
 ただ、報酬がファッション系ということで、一方的すぎたのでは無いかと思います。
それらを覗いた場合、前立てとびっくり染料に変身薬というのは、少々寂しい物です。
ですが、それも狐と狸の化かし合いというシチュエーションという観点から見れば、むしろ良い雰囲気を出していたと思います。

34.jpg

 今回の最高報酬は各種耳変形具(葉っぱ500枚)でした。面具しか加工できないという縛りが批判を浴びています。防御力の関係から、前衛が使えないからですね。
これは、猫も杓子も道行く人がネコミミでは変だという無言の制約なのかもしれません。であれば、重鎧専用の、旗指物扱いの『尻尾』などが在れば良かったのかもしれませんね。

 属領が入った事による参戦武将の追加は、さほど効果を上げたように思えません。
やはり、追加されたと言っても、装備と造形が従来のモンタージュから変わっていないからです。
 歴史物というものは、有る意味、キャラゲーの要素もふんだんに含んでいるのですから、武将と個人の関わり合いに、そろそろドラスティックに手を加える必要があるのではないでしょうか。折角、争覇で目玉の九州勢が、丸ごと居ないというのも寂しい限りです。

35.jpg

 でも、お祭りなら、いっそ投票を今までの選択制ではなく、記述式にして、奥州の伊達家や、源平武将なども参戦したら、もっと陣取り戦も楽しめるでしょうに。
来年も、狸さんと狐さんが化かし合いをするなら、今以上の夢の世界を楽しませて欲しいものです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]