忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [372
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

e736670c.jpeg

 今回のアップデートで、いよいよ鳳凰の章の第三陣、山崎の戦いが実装されました。
第一陣の桶狭間、第二陣の長篠に続いて今回が三回目。

 前回までは「信長が主人公のほうがいいじゃん?」な内容でしたが、今回はようやく、
秀吉ストーリーの山崎の合戦。
 長篠が1575年で、山崎が1582年ですから、ストーリー的には一気に飛んだイメージがありましたが、
実際にはそれほど時は進んでいなかったようですね。

 今回はどんなふうなパッチがあたったのかを広くあさーく見てまいりましょう。

949816f2.jpeg

 「信長様が討たれてしまったんさー」と、会話だけで本能寺が終わってしまうという
あんまりな感じですが、今回の秀吉の城下町を姫路城に移して、山崎の戦いが始まります。

 掻い摘むと、毛利攻めの備中高松城水攻めの最中に、本能寺での凶報を知る秀吉。
黒田官兵衛の秘策という噂もある中国大返しで、一気に姫路城まで戻ります。
その早業で、光秀に付くか織田方に付くか迷っていた機内の諸大名が一斉に日和見を決め込み、
山崎というストーリーですね。
 勝負の山場を天王山というのは、この山崎の合戦場から来ていたりします。

bc6033ef.jpeg

 というわけで、大殿 織田信長も、その嫡男 信忠も変事により討ち死にしているので、
神戸家を継いでいた、信長三男の信孝さんが名代で総大将を務めています。

山崎も従来の戦場と同じく、4つのメインクエストと数多の枝葉クエストにわかれている感じです。
もっとも、2面から早くもボス型試練となっているので、先へ進むための難易度は上昇傾向です。

78407b7e.jpeg

 乱戦でポイントを貯めるというのは従来と変わりがないのですが、ちょっとしたアクセントとして、
その辺に秀吉麾下のNPCが配置されていて、徒党人数に余裕が有る場合、参戦してきます。

 七本槍連中や、ご覧の黒官、名人久太郎なんかが、固有技能を引っさげて戦ってくれます。
ゴールデンタイムを外れた人数が手薄なときでもちょっとは助かりますね。
なにより歴史ゲーはイコールある意味キャラゲー。こういうサービスは嬉しいものです(* ´▽`)

 現在、あたし個人の侵攻度は全然ですが、はやくも初日に光秀は処刑された模様。
その後もストーリーは続いているようですが……第四陣はおそらく、シヴァがらみの架空戦記に
なるでしょうから、ちょっと気になりますね!

89e3cebb.jpeg

 城下町システムも順当にパワーアップされています。
なんと今回は………!

町の住人ががぞろぞろ歩きまわるようになりました!

インタビューで言っていたことが、実際に実現しています。超スゴイです。
しかも、自分が建設する施設によって出現する町の人が変化したり、話しかけることでコレクション
していく収集要素や、コンプリートで文化値が溜まったりと結構な作りこみ。

50563bf0.jpeg

 住人一人ひとりに洒落とパンチの聞いた会話文が設定されている等、なかなかの
作りこみです。

 某別の時代から来たっぽいお医者様や、前橋で購入した金箔をどこぞで売ると
大金持ちになるという超有名なうわさ話を吹聴している町人等、多岐にわたっています。
ほんと、NPC関連は個性付けはコーエー、毎回いい仕事してますよね。

932bf9c7.jpeg

 名所ガチャもあらたに追加されましたが、今回の新たな収集要素として、名所をなんと
断片で集めることになりました。
といっても、毎日数枚の断片が配給されたり、友好都市になっている城ともと余っている
断片を交換したり、評価ポイントでスクラッチを購入したりと入手方法は様々。

 現在、同じ近畿ということで琵琶湖を収集中ですが……。
グラフィックが山野の溜池っぽくて不安になりますね(苦笑)。

 小さな機能追加としては、いちいち拠点に戻らなくてもダイレクトに城ともの城下町に
移動できるようになったり、掲示板が設置され、自由にカキコを残せるようになったりと
良い方向にアップデートが進められています。

4e82fb6b.jpeg

 ここからは、家臣団のお話です。かなりすごくなっていますよ!

まずは、城下でのアホな育成が、ついに改善されました。
前回から腱鞘炎になるほどの連打を強いられた育成システムが……ついに!

ff23ac73.jpeg

回数指定出来るようになりました!
今まで、小一時間かかっていた育成が、ほんの数十秒で50レベルまで到達します。
やれば出来るじゃん、コーエー!

 現在も50レベルまでの育成は半額キャンペーン中。
そんなこんなで家臣を育成したら、今回追加された、家臣ダンジョンへ挑むことができます。

5848ae8e.jpeg

 現在も、一部の試練で家臣とともに挑む高難易度の極みモードがありますが、
ここは最たるもの。

 プレイヤーも最大三人まで参加することができますが、本旨は、主君たるプレイヤーと
AIを設定した家臣団だけで挑むボスオンパレードダンジョンなのです。

e1c44f55.jpeg

 立ちふさがるボスは、ご覧の四神 青龍から始まり、これまでの信オンのすべての
関門ボスが待ち構えています。
八雷、九州三国志、星野山……そして最後は逢魔の……。

b52d5cab.jpeg

 家臣団も、一括で呼び出すコマンドが追加されており、プレイアビリティも上々。
特に呼び出した家臣が、一気にザッと一斉に主君の周りに現れるさまは、マジカッコイイの
一言に尽きます。感激。

 主君の後を付いて行くのも、7アカさんやドラクエみたいに同じルートを重なるように
歩くのではなく、きちんとフォーメーションを取って主君を中心に進軍するとか、このへんの
仕様を考えた人は、パーペキです。

af6cd54b.jpeg

 というわけで、賑やかなボス戦はこんな感じ。
 前世のエースメンバーが揃ってますね(* ´▽`)

 敵の徒党構成は、既存のボスと同じっぽいです。このあとに出てくる玄武にいたっては、
はるばる雑賀郷の衛兵までいました(笑)

 詠唱付与や吉祥で支援しながら家臣の行動を見守るのは、どきどきする一方、とても
可愛く見えてきますね(* ´▽`)

 AIの関係上、術止めがどうしてもダメ(完全に敵のバーが終わってから行動するため、
完全に待機させていても、たまにウェイトで負ける)だとか、沈黙の霧を受けると、道具を使う
行動が無いために、自力上書き技能がない職は棒立ちになるとか、まだまだ欠点もありますが、
こういう具合で既存ダンジョンを使いまわすのはうまい発想ですよね。

a0becedf.jpeg

 現在、「パズルみたいで楽しい」「家臣かわええ」「周回バンザイ」と、
家臣Dに引きこもるプレイヤーが続出(笑)

 MMOは複数で遊ぶゲームで、一人で完結する要素は、そのまま徒党の
組みやすさ組みにくさに直結するため、賛否両論です。
 今回の家臣Dの追加は、少々やりすぎ(完璧に一人で全てを賄える)の気もしますが、
プレイヤー人数の少ない時間帯の暇つぶしにもなりますし、難しいところです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
最新コメント
[10/19 九条]
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]