忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440


 さてさて、先月の末日になりますが、2つの包が届きました。
本日は、その開封の様子をお届け致したく思います。

何が届いたのかと申しますと……?



 まずはこちら!
書籍の方の包は、プレミアムバンダイで注文していた月間戦車道であります!

土埃で真っ黒になった大洗女子のみんなが、涙を溜めて隊長のみぽりんを胴上げしてる、
優勝の瞬間の感動的な表紙が目を引きますね!

プレミアムバンダイは、このサイトでしか販売していないアイテムも沢山ありまして、
この『月間戦車道』もその一つ。
本屋さんに行っても、売ってません(ドヤァ

で、これがどんな本かと言いますと……。



 なんと目玉記事が、アニメ本編である戦車道全国高校生大会の全試合レポートです。
一回戦が大洗女子とサンダースで…とかそんなレベルじゃありません。
本当に全試合のレポートなんです!



 この時点ではまだ名前しか出てなかった知波単学園が、如何に黒森峰と戦ったか。
戦いの流れを物語形式で書き連ねているだけではありません。
両軍の参加車両、戦術、陣形から戦況図の移り変わりまで、本当に事細かに記されています。

 そしてそれは、注目の試合だけではありません。
ヨーグルト学園vsワッフル学院といった、現時点では本編に全く絡むことすらない
各校の試合まで、全てが同クォリティで克明に記録されています。

 スピンアウトの作品や世界が広がった今なら、
「このボンプルはヤイカがいるのかな?」「継続のBT-42はあの三人なのかな?」
などといった、楽しみ方も出来ますね。

そして……!

 

 あの、行間で終わるには惜しすぎる好カード、
黒森峰と聖グロリアーナの準決勝もちゃんと掲載されています。

まほ姉とダージリン様の一騎打ちとか、絶対OVAにせんともったいないって!!
気になった人は、是非とも買って読んでみてください(* ´▽`)ミ


………すでに、アマゾンでは豪快にプレミアが付いているようですね(ヽ´ω`)

 全試合レポートだけでなく、優勝した西住隊長へのインタビューといった雑誌記事風のネタや、
戦車道の過去の歴史、実際の大洗の街の風景、劇場版の方は戦況と撃破車両のリスト等、
60ページ無い映画のパンフみたいな厚さですが、内容の密度は半端ありません!
読んでて感動が蘇ること、うけあいですよぅ(* ´▽`)

 ということで、もう一個のダンボールの方を開けてみませう。



 もちろん、指折り数えて到着を待っていたガルパン劇場版のブルーレイですよ!
当神楽坂家では、このためだけにブルーレイプレイヤーが導入されました。
では早速、開けてみましょう!



 あたしが買ったのはアニメイト。
ドラマCDがついてるアマゾンが一際目を引きましたが……。

 アニメイトの特典の一つが、このボックスinボックス。
大洗の制服に身を包んだ各校の隊長たちが勢揃いして記念写真です。
高い高いされているカチューシャが非常に可愛いですね!
ラブラブ作戦の中のネタを思い出します(* ´▽`)ミ



 パッケージの上は、『大学選抜戦 勝利記念』の文字!
ネタバレ?いいんですよ。どうせこのブルーレイを買ってる人の
300%くらいは劇場で見た上でこーてるんですから(笑)

かくいうあたしも、4DXで二回見に行きましたがね(ヽ´ω`)クイナシ



 なんでボックスがこんなに厚いのかというと、本編以外の作品である、
イベントレポートとアンツィオ戦とオーケストラのブルレイも納められるから。
流石にこの時期だとすでにTSUTAYAとGEOでレンタル済みやわぁ(笑)

……中古で安くなったら徐々に埋めていきたいですね!



 あたしがアニメイトを選択した理由がこちら。
今回の劇場版とアンツィオの劇場版パンフレットがついてくるからなんです。

 前述のとおり、4DXで二回見に行きましたが、やっとこ席が取れた時はすでに旬が過ぎた後。
劇場では物販どころか、パンフレットすら売っていませんでした。とほほ。
それが、今回こんな感じで偶然にも手にすることが出来たのは非常に嬉しいですね。



 映画のパンフなんて、スペースを埋めるためか、映画のワンシーンを大きく
張って、ちょっと役者のインタビューを入れただけのものが多い中、
付録につけるだけあって、非常に読み応えがあります。

 料理の作り方が載ったパンフなんて古今東西聞いたことがありません。
こういう、丁寧な作りが作品の人気にも繋がっているんでしょうね。



 劇場版ブルレイの中身がこちら。
アニメイト外の商品はこの部分なんですかね。

 メディアパッケの表紙で、みぽりんとアリスが仲良さそうなのが良いですね。
アリスはボコを通じて、(ちょっと年上だけど)等身大のトモダチがやっと出来たっていうのが、
透けて見える描かれ方でしたよね。
対戦相手だったけど、決して悪じゃなかった。YESですね!

…まぁ、あのメガネは割りますけど。

 劇場版のパンフが付いてた上に、まだ鑑賞の手引まで!←アニメイトだけだけど



 中身も一切の手抜きなし。
これなんて、最終決戦の舞台となった廃墟遊園地の宣伝(笑)
他にも、広告ページにはボコミュージアムがあったり、これまた読み応え十二分です。



 実際の大洗の街の様子も収録されていますが、これも前半部のエキシビジョンマッチの戦況。
実はあの戦闘、風景だけでなく、本当に大洗の街を舞台に戦闘が行われていたんですよ!
これを見ると、OY(大洗役場)防衛線の場所や水族館までのルートなどを実際の風景とともに楽しむことが出来ます。



 えーさてさて。
あたしがブルーレイを導入してまで、体験してみたかったのが、この新しい技術。
今まで発売されたものにも殆ど導入されていいなかったのがこれ、

Dts headphone X です。

 論より証拠。
ヘッドフォンを付けて、この動画を見てみてください。



 ね。
ヘッドフォンは左右だけのはずなのに、後ろからまで音が聞こえてきましたよね!

 今回の劇場版 特装版のブルーレイには、この形式で音が収録されているんです!!
実際に聞いてみましたが、もうスゴイのなんのって!
大迫力の音源で、のめり込み度は、4DXクラスと本当に言えます。

……で、その音源なんですけれども。



 実は、本編ではなくて、『音声特典』の中に隠されていたりします(苦笑)

ちなみに、あたしは知らずに普通に本編をヘッドフォンで堪能して、
「headphone Xって言うほどじゃないね!」とか思ってました(* ´▽`)>

さすがに連続で本編を見てませんので、エキシビジョンマッチだけをheadphone Xで見ましたが…。

圧倒的な履帯の音、構造まで透けて見えそうなエンジンのサウンド、耳元をかすめるような砲撃音と、まさに音の洪水。
本編視聴時には「4DXと違って座席動かへんなぁ」とか思ってましたが、これはそんな余所見をする暇もありません。
音の迫力とぐっと捕まえて離さない没入感が本当にスゴイです。

みんなも、劇場版のブルレイを買うなら、特装版にするんやでぇ(* ´▽`)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]