忍者ブログ
ψ無双ψ一家 寄り合い所
[390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380
24ddae63.jpeg

 いよいよ、鳳凰の章の最終章(らしい) 第四陣 賤ヶ岳が開戦です。
今回は我等が一家のみんなに賤ヶ岳合戦場に連れてっていただきましたので、
そのご様子を。

6aac586b.jpeg

 さて、歴史ファンには言うまでもありませんが、簡単に賤ヶ岳合戦のおさらいです。
信長の跡継ぎを決める為に行われた、信長の重臣たちによる清州会議。
本能寺の変で当主信長が、そしてその事変で二条城の嫡男信忠も倒れ、織田家の体制を
急遽決める必要がありました。

 信長の次男信雄か、三男信孝かと言われていましたが、秀吉が担ぎだしたのが、
信忠の嫡男の信秀でした。信長は家督を既に信忠に譲っていたのですから、信忠の子が
継ぐのは正統性があると言えます。
 が、次男信雄についていた徳川家康や、三男信孝についていた勝家は収まりません。
そんなこんなで、信長の後継者決定戦の第二回戦が行われたのです。

c6c69463.jpeg

 織田家屈指の猛将 鬼柴田が相手の上、滝川一益・前田利家といった重臣が柴田軍に
付く中、秀吉にも丹羽長秀がつきます。織田四天王真っ二つですね。

 戦闘は勇猛で鳴る鬼玄蕃 佐久間盛政が中央で奮戦する中、中国大返しに続き、
美濃大返しで神速の用兵を見せた羽柴軍が急襲で撃破、途中 盟友の利家が戦線を
離脱する幸運もあり、柴田勝家を本拠地の北ノ庄城へ追い払いました。

 秀吉の城下町から、賤ヶ岳合戦場に到着。

b876bdc6.jpeg

 うむ、ナイス忠告です、ひむお。
他のクエストのボスはいざしらず、先へ進むための関門ボスはなぜか最初に
秀吉に話しかける手順を踏まないと達成にならないんです。
 このへん、本当に困りますね!!

66c32509.jpeg

 というわけで、神速の速さを以って鳴る羽柴軍の先方として、無双軍も
賤ヶ岳砦にいる佐久間盛政を攻撃します。賤ヶ岳第弐ステージの開幕です。

 いやー、某地球攻撃軍にいたため、ボス戦なんて数ヶ月ぶりですね!
お陰でちょっと足がもつれて蹴躓いたら。

675a998d.jpeg

 なぜか上がるみんなからの歓声。なんでやねん(# ´▽`)
まーそれ以外はスタンダードな関門ボスで危なげなく撃破。
危うく死んだかと思っちゃったね!やれやれ!!

 ちなみに、絵日記にネタを用意してくれたのはあたしだけではありませんでした。

f561089c.jpeg

 さすがはひむお。
 体を張った笑いの取り方は、見習うものがありますね!!!


 かくして、賤ヶ岳砦を陥落させ、次のステージへ進みます。

b10f11ea.jpeg

 早くも、コーエーのイフが炸裂!
秀吉と戦うことを避けて兵を引いたはずの前田利家が勝家本陣の前に立ちはだかります。
 史実に合わせた甲冑姿に超ナイスミドルイケメン。
独眼竜の野望の小田原攻囲戦では、空気の読めないダサい着物姿でしたが、
今回はかなりポイントが高いですね!

ea90e6cb.jpeg

 こちら、前田利家徒党。
2には後に、初代加賀藩主となる息子の前田利長が見えます。
4には利家が髭殿と呼んで敬ったという村井長頼がいます。
有名人と戦える、まさに信onの魅力の一つですよね!!

1c3a1118.jpeg

 戦闘はかなりの膠着状態でした。
前田利家・利長親子が前衛として味方徒党を守りつつ攻撃を仕掛けてくるという、
搦め手なし、これまたスタンダードな戦闘です。故に強力。

 蘇生や完全回復を多用する傾向のある薬師をs、沈黙、剣風斬などでマークしつつ、
前衛を叩くしかありません。

 前田利家の固有技は、前田流大旋撃。
徒党全体に4000位上のダメージを弾き出す、槍の又左の異名にふさわしい槍撃です。
寄り合い所を見ましたが、飛び道具扱いになるようで、向かい風や結界なんかで軽減が
できるようですね。

 わりと長期戦になりましたが、無事に一発撃破(* ´▽`)
と、今宵はここで陣払いです。第四面はいよいよ、大ボス瓶割り柴田が相手になります。

 帰ってからは、久しぶりに両替前でまったりでした。
第四陣になって、再び装備品も追加されて、市場が賑やかになってきています。

df091cc2.jpeg

 こちら、10周年記念パッケの付録のねねさんの衣装ですね。
ねねさんはやっぱり見た目通り職業は薬師なんですかね?個人的には秀吉公の
甲冑のほうが欲しかったのですが、貰うキャラの性別で固定されてしまうのが残念です。

1524b0b2.jpeg

 こちらが山崎の合戦のドロップを集めて改装する羅漢の鎧。
今まで、有りそうでなかったライトファイター系の軽鎧装備です!
某大陸のオグマとかナバールを彷彿とさせますね!!(* ´▽`)かっこよすぎ。

 そういえば、飛龍だか争覇だかで追加された神職の衣装で、屈指のダサさのデザインが有りました。

c965cea7.jpeg

 せっかく追加された新デザインがこの有様で、当時 全国の神職が背中のウィングで
東尋坊から我が身を儚んで身を投げたり、コーエー本社に爆撃に飛び立ったと言われています。
 ちなみに、豆知識ですが、この冗談のようなデザインですが…。

45dd0a3f.jpeg

 雅楽で実際にあります(* ´▽`)
迦陵頻伽というのは、上半身が人で下半身が鳥の仏教上 想像上の生物らしいです。
それを表す舞に迦陵頻というものがあり、その時はこの衣装で舞うようですね。

 第四陣でも装備がいろいろ追加されたし、そろそろあたしも装備を更新せねば
なりませんね(* ´▽`) ……と言い続けて幾数年(* ´3`)

********** オマケ **********
bb03b213.jpeg

 ご本のお話です。
本日は祝 ドリフターズ第三巻が発売!平積み表紙の目印は那須与一です!!
一年半ぶりの発行とかあほかーと思いますが、出たのは嬉しいですね!

 自慢じゃありませんが、三巻が出る前にサンジェルマン伯爵がドリフだと気づきましたし!
キャラの個性がきつすぎて、実在(?)の人物であることにしばらく気づけませんでした(笑)

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hsg/_st_germain.html

 そういえば、最後のほうでもう一人の武者が、また転生されてきましたね。

a37b1ca8.jpeg

 家紋がもちろん、最大のヒントではあるのですが、よく見るといろいろなヒントが。
脇腹に下方向(騎乗時に下)から刺さっている竹槍、懐に抱え込んでいる火縄銃。

桔梗の家紋。農民の落ち武者狩り。戦国史屈指の射撃の名人。
といえばあの人ですね。

 白兵戦の前衛に島津豊久。遠距離戦のスナイパーに那須与一。
背後の黒幕に織田信長、そしてバックアップに安倍晴明と超豪華なメンバーのドリフ。
その豪華メンバーの軍師が一巻で出て以来ご無沙汰のハンニバル・バルカ。

 では、ここからが本題です。
ハンニバルといえば、ローマ史上の最大の敵と渾名されておりますが、いまいち
詳しい人が少ないかもしれません。

d4acb043.jpeg

 そんな諸兄にこれ。豪華な装丁ですが、中は劇画チックなマンガです。

http://www.s-manga.net/store/cn_20111019_uj_yjc_9784088792071_ad-astra-1k.html

 戦史上での三大登山家。
 街亭の馬謖、さらさら越えの佐々成政と並んで、アルプス越えのハンニバル。
ハンニバルと、そのライバルスキピオの生涯を描いた作品です。
一番有名なアルプス越えが1シーンくらいで終わっていたり、ハンニバルが隻眼の理由が
次回予告で終わっていたりと、少々肩透かし感が否めませんが、最大の戦争であった
カンナエの戦いに期待しましょう(* ´▽`)
 作品ファンには失礼ですが、ドリフターズを楽しむために読むのも悪く無いですよ。
三巻でボケたハンニバルが喚いていた内容も分かりますしね。

efbc46ad.jpeg

 軍記物なら、田村由美のBASARAからラノベの信奈、戦國ストレイズまでなんでも
よむ悪食のあたしですが、今回ご紹介するのはこれ。

http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030

 突如、現代日本にファンタジー世界からの転送ゲートが開き、異世界からの
侵略軍が押し寄せて来ました。自衛隊で対抗する日本。
地球で言えば中世の文化レベルのファンタジー。遅れのとりようがありません。
ゲートを超えてきた遠征軍を撃破し、そのままゲートを占領してしまう処から
物語が始まります。

 古くは戦国自衛隊に始まり、龍狼伝とかのタイムスリップものっぽいんですけれども、
1つだけ、それらの作品と違う点があります。
 それは、恒久的に現在日本とつながっているというところです。

 従来の作品であれば、事故で転移した当初は、未来から来たという文明レベル差で
優位に立つものの、物資の補給が出来ないためにジリジリと追い詰められていき、
最期には、時を有るべき形に戻そうとする勢力に、歴史の闇に葬られる。そんな感じですね。

 でも、『ゲート』では橋頭堡となるゲートを自衛隊で占領して、現世界から潤沢な
補給を受けられるという状態にあります。

 そして、物語も限りなく現代風味。
異世界を統一するためにヒーロー率いる自衛隊が戦乱を繰り広げるわけでもなく、
「今後、こういったトラブルを無くすために、ゲートを開いた勢力を交渉のテーブルに
付かせるため」という、比較的現実的なレベルで、ファンタジー世界に接していきます。

 火竜から保護したエルフの女性、賢者の弟子の娘っ子、900歳のゴスロリ神官少女、
格闘微章をもつナイスバディの戦闘マニア、黒髪の衛生兵、帝国のプリンセスと周りに
綺麗どころが多いですが、誰とも主人公の伊丹くんがパートナーになってないのも
従来の物語とはちょっと違いますね。

 一度戦闘に出れば圧倒的な武力で、方陣槍兵でも騎馬兵でも野党でもなぎ払う自衛隊。
そして、日本だけがもっている『ゲート』向こう側にちょっかいをかけてくる中国・アメリカを
はじめとする諸外国。
 『ゲートが現代日本に開く』という一点を除けば、実に有りそうなお話。
最近、いろいろと日本も隣国と揉めておりますが、こういうファンタジーな現実も
一読してみては如何でしょうか(* ´▽`)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ふー、準備完了
>黒木さん
UCGO…ユニバーサルセンチュリーガンダムオンライン?
ちょっと調べたら去年の12月で終わったとかとか。
NPCのレベルはちょっと前からプレイヤーぶっちぎりの数値がついてますね。
もっとも、叩いて死ぬかどうかなのでレベルなんて関係ありませんけれども。
こっちもガンオンは前より頻度が落ちましたけど、ちょっとずつプレイ中。
宇宙の実装が待ち遠しいですね!

>くろーださん
個人的には、クロスブラッドよりも本編の
ジェネレーションエクスの移植を心待ちにしてるんですけど、まだなんですかねぇ。
なんで外伝(?)からの移植なんやろ。
デモンゲイズも興味あったけど、もうちょい硬派なグラフィックがいいなー。
やっぱ、一冒険者とかで遊びたいしー。
しのぶさん 2013/03/30(Sat)18:20:40 編集
いつのまにか
NPCのレベルが80になったのですね。その分育てるのも楽になっているのかもしれませんが・・・私は未だに無料のUCGOで一日1時間程度で遊んでますけどこれでめーいっぱいかなw
黒木白蓮 2013/03/19(Tue)23:16:17 編集
カウンター
最新コメント
[06/24 しのぶさん]
[06/21 ふぁー]
[06/07 しのぶさん]
[06/05 黒木白蓮]
[05/30 しのぶさん]
[05/29 九条]
[04/25 あ]
[10/09 しのぶさん]
[10/08 くろだ]
[09/01 NONAME]
プロフィール
HN:
神楽坂しのぶ
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]